アミノ酸

ごぼう茶はアルギニン・アスパラギン酸という2種類のアミノ酸が豊富に含まれています。

 

アルギニンは体内で一酸化窒素を増やす作用により血流を良くし、血液が固まりにくくしてくれます。
いわゆる、「血液サラサラ効果」があるので、動脈硬化・心臓病・脳卒中などの生活習慣病の予防に役立ちます。

 

私にごぼう茶を勧めてくれた友人もこの「血液サラサラ効果」に期待して飲み続けていると言っていました。
ただ、この「血液サラサラ効果を知るためには、年に1回の健康診断で結果が出る!」
と言っていました。

 

最近結果が出たらしくって、確かにドロドロ血が以前よりも解消されたと言っていました。
そう言っている本人が一番びっくりしていました(笑)

 

私はそれを聞いて、ごぼう茶って、、、本当に良いかも・・・。と思うようになったんです(単純ですね)

 

 

そして、もう一つの成分アスパラギン酸は成長ホルモンの分泌を促進してくれます。
年齢とともに成長ホルモンは分泌されにくくなるので、代謝が悪くなり太りやすくなったり、筋肉が減って太りやすくなったりします。

 

ですから、少しでも早いうちにアルギニンを補給するような習慣を身に付けた方が良いでしょう。
そこで、やっぱり、ごぼう茶がおすすめなんです。
日常的に手軽にアルギニンを摂取することができるので、毎日成長ホルモンを活発にすることができます。
代謝が良くなり、筋肉量が減りにくくなるので、太りにくく、若々しい体を維持することができます。

 

さらに、アルギニンは免疫力を強化してくれる白血球を増やす働きもあるので、病気にかかりにくくなりますし、万が一病気にかかっても、治りやすくなります。

 

そして、ごぼう茶に豊富に含まれているアスパラギン酸はカリウム・マグネシウム・カルシウムなどのミネラル分を体中に行き渡らせてくれる働きがあります。
血圧を上げてくれる効果や水分を排出してくれる作用がありますので、血圧が低い人やむくみやすい人におすすめです。

 

毎日飲んでいる私は元々体のどこがすご〜く悪い、と実感しているような箇所はないのですが、
この「むくみ」が結構良くなったと思います。
特に寝起きの顔のむくみ、と足のむくみです。

 

何となくですが良くなっていると実感しています。