『焙煎』ごぼう茶とは?

市販のごぼう茶はとにかく種類が豊富でどれを選ぼうか迷ってしまいますよね。
私も選ぶときに気が付いたのですが、「焙煎ごぼう茶」と言う商品をよく見かけます。

 

すべてのごぼう茶って焙煎してあるものなのでしょうか?
調べてみました。

 

 

焙煎するとどう変わるの?

 

ごぼうは皮にも栄養があるので、健康効果を高めるために皮ごと処理している商品が多いのです。
ごぼうを調理する時にはアクを抜きますが、ごぼう茶を作る時には乾燥して焙煎することでアク抜きの効果が得られるということです。

 

あと、ポリフェノールを豊富に含んでいますが変色しやすい性質があります。
そこで、【焙煎することによって変色するのを防ぐ】という意味もあるのです。

 

 

自家焙煎でもいいの?

 

私もそうですが、自分でごぼうの処理から行ってごぼう茶を作って飲んでいる方もいらっしゃるかもしれませんよね。
私の場合はフライパンで乾煎りしてから急須にお湯を注いで飲んでいます。

 

つまり、自家焙煎したごぼう茶なわけです。

 

通販で買えるような人気の商品は独自の製法で焙煎するといった特徴があるので、健康効果は確かかもしれません。
でも、自家焙煎であっても、私が飲み続けている結果、体重の減少や美肌効果を実感できています。
だから、自家焙煎したごぼう茶でも十分に健康茶としての役割をしてくれると思います。