イヌリン

ごぼうに含まれる食物繊維の中でも、最も腸内環境を整えてくれるのが「イヌリン」です。
イヌリンは胃で消化されにくい水溶性食物繊維なので、しっかり腸まで届きます。

 

腸に到着したイヌリンは、腸にもともと住んでいる善玉菌を増加させて、腸内環境を良くしてくれるので、便秘解消に役立ちます。

 

 

また、水溶性食物繊維のイヌリンの良いところは、胃腸を通過するときに水分を吸収してゲル状になり、腸内の糖を一緒に包込んで体外へ排出してくれるところです。
糖分の多い食事をしても血糖値が上がりにくくなり、腸内に余分な糖が溜まりにくくなるので、太りにくく、生活習慣病にかかりにくくなります。

 

さらに、腸内を悪玉菌が過ごしにくい酸性に変えてくれるので、善玉菌が活動しやすい環境にしてくれます。
腸内環境が良くなると脂肪やコレステロールなどを吸着して、体の外へ排出してくれる効果が高まります。

 

実は、イヌリンは糖の仲間です。
糖というと、太ったり、糖尿病になりやすくなったり、良いイメージがないと思います。
しかし、人間の消化管は、イヌリンを吸収できる小さいサイズに分解することができないので、食べてもほとんど吸収されませんし、他の糖分と違って低カロリーです。
血糖値が急上昇しやすい糖尿病の予防・改善に役立ちます。

 

 

ごぼう茶にして毎日飲むと、体に老廃物や余分な糖分・脂肪分が溜まりにくくなりますので、偏った食事をしがちな人や便秘がちな人におすすめです。

 

淹れたごぼう茶

 

この一杯のごぼう茶を飲むだけでも効果的ですよ!
私は毎日3〜4杯くらい飲んでいます。