コレステロール値を下げる

コレステロールは人間の体を構成している材料の一つとして、正常に活動して生きていくためには欠かせないものです。
しかし、コレステロールの中でも中性脂肪は、一定量を超えて摂取してしまうと予備のエネルギー源として体内に蓄えられやすい性質を持っています。
ですから、食べ過ぎによって必要以上に中性脂肪を摂取し過ぎないことが大切なのです。

 

 

■コレステロールが高いとなぜよくないのか?

 

コレステロール値というと普段意識することはあまりありませんが、健康診断などで計測することがしばしばあります。
健康かどうかを判断する時に重要なのは「LDLコレステロール値」です。

 

LDLコレステロールというのは悪玉コレステロールとも呼ばれているもので、中性脂肪の多い食事を食べ過ぎがちな方が高い傾向にあります。
基準値を超えていて高い数値の人は将来的に健康上様々な問題が出てくると思います。
例えば、動脈硬化を引き起こす要因になり、それに伴って心筋梗塞や脳梗塞が起こり得る可能性が高いと言えます。

 

 

■ごぼう茶で正常なコレステロール値に戻す

 

コレステロールは脂肪の一種で、肉類や油脂類中心の食事に多く含まれています。
LDLコレステロール値が高めの方は、日々の食生活を改善するとともに、食事と一緒にごぼう茶を飲む習慣を身に付けましょう。

 

ごぼう茶でコレステロール予防

 

ごぼう茶には食物繊維が豊富に含まれていて、食事の時の脂肪分から余分なコレステロールを絡め取って排出してくれる作用があります。
また、腸内の余分なコレステロールを体外に排泄してくれます。
まずは、少しずつでもごぼう茶を飲む機会を増やすことがコレステロールを下げることに繋がると言えるでしょう。