食欲をセーブする

私も驚いているんですが、ごぼう茶のおかげでとうとう食欲を抑えられるコツをつかんで痩せやすくなれた気がするんです。
そんなごぼう茶の秘密ってどんなところなんでしょうか?

 

■食欲のメカニズム

 

食欲に関係しているのは「遊離脂肪酸」と「血糖値」です。
人間の体は活動する時に食べた物から摂取したエネルギーが不足してくると、蓄えてきた脂肪を分解することでエネルギーを作り出しますが、この時に「遊離脂肪酸」というものが発生します。
遊離脂肪酸がたくさん発生して血液中の濃度が上昇すると、摂食中枢が刺激されて食欲が発生します。

 

あと、人間の体は活動する時に血液中のブドウ糖を使うこともあって、エネルギーが不足してくると血糖値が低下することで食欲が発生します。
つまり、本来、人間の持っている食欲というのは、体がエネルギー不足になっている時なのです。
これを、「生理的な食欲」と呼んでいます。

 

 

あと、神経質な人はヒスタミンの量が低下しており、うつ病や不眠症の人はセロトニンの減少が確認されています。
これらの物質は脳内に快楽を与える作用がありますが、その量が低下することによって不安が生じて、快楽を得るために偽の食欲が起こってしまうことが考えられています。

 

 

■ごぼう茶で食欲を抑える

 

食欲を抑える

ちゃんと食事を食べているのに異常におなかが減ってしまう。

どうしても食欲を抑えることができずに、ついつい間食してしまう。

 

 

ダイエット中につきものの悩みと言ったら食欲との戦いですよね〜。
食欲のメカニズムを読んでもらうとわかると思うのですが、ダイエット中の異常な食欲の最大の原因は、ヒスタミンの量やセロトニンの減少が原因じゃないかって思います。
私の場合は神経質や不眠症ではないですが、『食べたいのに我慢しなくちゃいけない!』っていう葛藤からくるストレスのせいでヒスタミンやセロトニンの量が減って食欲が増していた思うんですね。

 

なんと、ごぼう茶にはヒスタミンやセロトニンの量を増やしてくれる作用があるんです。
そういえば、私もごぼう茶を飲み始めてからリラックスできている感じがします。

 

そのせいか、イライラや暴飲暴食することが減りました。

 

ごぼう茶を飲んでいるだけなのに気分が落ち着いて食欲が抑えられるなんて思ってもみませんでした。
食欲を抑えるのに苦労している人は試しにごぼう茶を飲んでみてくださいね。
私みたいに効果があるかもしれませんよ!